【muse社】DoアートペーパーとBeアートペーパーを紹介【プチレビュー】

Doアートペーパー&Beアートペーパー サンプル紙レビュー

こんにちは!透明水彩やデジタルでイラスト描いている鳥野(@oekakitorino)です。

この記事はmuse社のこちらの呟き…

の企画で頂いた

Doアートペーパーと、Beアートペーパーサンプル紙を使った
プチレビュー記事になります。


目次

DoアートペーパーとBeアートペーパーの特徴



とりの
とりの

Doアートペーパー、Beアートペーパーの特徴

  • コットン100%の高級紙なのに手に取りやすい価格!
  • A4とB5のパッドタイプ※があり、手軽にスキャンしやすい
  • ナチュラルホワイトの紙で発色もキレイ
  • 紙の表面が頑丈なのであらゆる水彩技法が試せる
  • 紙の粗さはDoアートが細目、Beアートが極細目くらいの認識でOK
  • Beアートペーパーはケント紙のようなツルツル感


※4/6判のシートサイズもあります


紙の描きごこち


BeアートペーパーとDoアートペーパーのさわり心地



Beアートペーパーはケント紙のようなツルツル感で極細目と言って良い粗さです。
描き心地もツルツルしています。水が少な目の作画に向いているでしょう。


Doアートペーパーは細目くらいの粗さで、にじみやぼかしを多用した水彩画が描きやすいです。


紙の厚さは209gなので水を大量に使う場合は水張りが必要ですが
ちょっとしたイラスト程度ならば、多少たわむくらいですむので必要ありません。

水彩技法を試してみた


Doアートペーパーでドローイング 少しザラザラして水彩が描きやすい


一通りの水彩技法が試せました。

Doアートペーパーはマットな描き心地で
Beアートペーパーはツルリとした描き心地です。

Beアートペーパーでドローイング ツルツルしているのでコミックのペン入れもしやすい


発色も鮮やかでキレイだし、ペン滑りも良いので
色鉛筆やアクリル画、コミックのペン入れなどにも活躍しそうですね。


紙の凸凹がほぼ絵に影響を与えないので
スキャンに向いている水彩紙と言えるでしょう。



まとめ



この記事は、muse社のDoアートペーパーと、Beアートペーパーサンプル紙
プレゼントキャンペーンで頂いた、2種の水彩紙のプチレビューを書きました!

とりの
とりの

どちらの紙も水彩紙として、ふつうに優秀!
紙目の凹凸が少ないのでペン入れがしやすい!

個人的には少しザラザラ感のある
Doアートペーパーがオススメ!


鳥野(@oekakitorino)が書きました

またね!


>>他の紙のレビュー記事も見てみる!

鳥野ニーナ
文鳥の香りソムリエ
お絵かきする引きこもりオタク。
アニメやゲームを愛するNiziUファン。

飼っている文鳥にいつも突かれている。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる